マスターズ

24歳・大西葵の“強さ”感じたフェアプレー精神 最終日の涙は次への糧に

 熊本の熊本空港CCで行われたKKT杯バンテリン・レディース。第2日に15年以来2度目の首位に立った大西葵(24=YKK AP)は、最終日に8オーバーの80と崩れた。最終順位は42位。「結果は全然ダメでしたけど、この経験は無駄にならないから…。またこういう最終日最終組を繰り返してやっていきたいと思います」と涙を拭った…

2019年4月22日 09:30

ニュース

もっと見る