×

沖縄出身・美ノ海が「本土復帰」節目の日に白星「元気な相撲を取っていきたい」

[ 2022年5月15日 15:37 ]

大相撲夏場所8日目 ( 2022年5月15日    東京・両国国技館 )

 1972年5月15日に沖縄が本土復帰してから節目の50年。関取唯一の沖縄県出身、西十両14枚目の美ノ海(29=木瀬部屋)が西10枚目の武将山(26=藤島部屋)を押し出し、5勝目を挙げた。「場所前の稽古が充実していたし、今月6日が誕生日ということもあるので」と気合十分で白星先行している。

 もちろん、この日に特別な思いがあったという。「沖縄出身の子と今日は“返還の日”だなと話していました。僕ら(若い世代)は上の世代から引き継がれた話しか分からないけど。戦争とか平和とかについて考える機会になるのかなと思います。番付は関取の最下位ですけど、元気な相撲を取っていきたい」。節目での白星に喜び以外の感情も抱いたことを明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月15日のニュース