×

4週ぶり復帰の松山英樹 出入り激しく74で104位と出遅れ 金谷拓実は77で133位 米男子ゴルフ

[ 2022年4月1日 09:44 ]

米男子ゴルフ バレロ・テキサス・オープン第1日 ( 2022年3月31日    テキサス州 TPCサンアントニオ=7494ヤード、パー72 )

1番、松山英樹のティーショット(AP)
Photo By AP

 松山英樹(30=LEXUS)は5バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの出入りの激しいゴルフで74でホールアウト。首位と9打差の104位と出遅れた。

 3月上旬の大会で首から肩甲骨にかけての痛みを発症し、離脱していた松山は4週ぶりのツアー復帰戦。1番を3パットのボギー発進。2番で取り返したが、4番と6番で落とし、9番は第2打をグリーン奥にこぼし、アプローチを寄せきれずダブルボギー。

 後半は12番でバーディー。パー5の14番で第3打をピンそばにつけ、15番は下りの3メートルを沈めて連続バーディーとしたが、直後の16、17番で連続ボギーを叩くなど波に乗れなかった。

 金谷拓実(23=Yogibo)は3バーディー、4ボギー、2ダブルボギーの77と崩れて133位だった。

 ラッセル・ノックス(36=英国)が65で単独首位に立った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年4月1日のニュース