×

陸上・田中希実 新社会人の抱負は「流れにまかせる」 そのココロは…

[ 2022年4月1日 16:05 ]

抱負として「流れに身をまかせる」と書き込み、写真撮影に応じる田中希実
Photo By スポニチ

 東京五輪女子1500メートル8位入賞の田中希実(22=豊田自動織機)が1日、豊田自動織機の入社式に出席し、その後に記者会見に臨んだ。

 西脇工、同志社大を経て社会人に。「入社することで、より手厚いサポートを受けられる。世界で活躍できる選手にまた一歩近づけたのかなと思います。目標に努力することで、会社、応援してくれる人に元気を与えていきたい」と語った。

 新たな抱負として色紙に書き込んだ言葉は「流れにまかせる」。そのココロは…。

 「抱負のような、抱負じゃないような言葉かなと…。世界で活躍すること、モットーとしている一子走伝を達成していくにあたって、こうしなければならないという正解はないんじゃないかなと今は思っていて。正解はないし、どれに偏ってもダメ。その時々の気持ちが向く方に、全てを経験して。やりたい方に向かっていくことがいいんじゃないかなと思い、この言葉にしました」

 最近ではヘルマン・ヘッセ著の「シッダールタ」を読み、大きな影響を受けたという田中。今季も800メートルから1万メートルまで幅広い距離を走りながら、7月にオレゴンで開催される世界陸上などへと向かっていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年4月1日のニュース