×

石川遼、決勝ラウンド進出ならず 今季国内ツアー開幕戦「ゴルフをさせてもらえなかった」

[ 2022年4月1日 18:15 ]

男子ゴルフ 東建ホームメイトカップ第2日 ( 2022年4月1日    東建多度CC名古屋(7062ヤード、パー71) )

<東建HMカップ第2日>4番、ロングホールグリーンサイドの3打目をチャックリし、ガックリの石川遼(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの今季国内ツアー開幕戦、東建ホームメイト・カップ(賞金総額1億3000万円、優勝賞金2600万円)は1日、三重県桑名市の東建多度CC名古屋(7062ヤード、パー71)で第2ラウンドを行った。

 首位に5打差の35位から上位浮上を目指した石川遼(30=CASIO)は強風の中、2バーディー、6ボギーの75とスコアを崩し、通算3オーバーの63位で決勝ラウンド進出には1打届かず、今大会2年連続の予選落ちを喫した。

 「ゴルフをさせてもらえなかった感じですね。気持ち的にも苦しかったです」

 長髪を後ろできれいに結んで現れた石川は出だしの1番パー4(475ヤード)でバーディーを奪う幸先のいいスタートを切ったが、続く2番パー4(416ヤード)で13メートルのバーディーパットを3メートル近くショートして3パットのボギー。ここから「頼みの綱としている部分」というロングパットの距離感に苦しみ、予選の当落線上にいた16番パー3(177ヤード)でも10メートルのバーディーパットをやはり3メートル近くショートして3パット。気持ちの整理が付かないまま向かった続く17番パー5(518ヤード)ではラフからの第2打を右の生け垣に打ち込んで痛恨の連続ボギーを叩いた。

 「イライラはしますけど勉強にはなるなあという感じです。次の試合に生かしていくしかないなと思います」

 次戦は14日開幕の関西オープン(兵庫・よみうりCC)になる予定。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年4月1日のニュース