坂本 五輪表彰台「狙う」、2度目の大舞台 リラックスは“手芸作戦”で

[ 2022年1月12日 05:30 ]

練習中、両手を広げ笑顔を見せる坂本
Photo By 代表撮影

 フィギュアスケート女子の北京五輪日本代表3人が11日、各拠点で練習を一斉に公開した。全日本選手権準優勝で初の五輪切符をつかんだ樋口新葉(21=明大)はフリーだけでなくショートプログラム(SP)でも大技トリプルアクセル(3回転半)を組み込む意欲を見せた。全日本女王で平昌6位の坂本花織(21=シスメックス)、初出場の河辺愛菜(17=木下アカデミー)も五輪への意気込みを語った。

 全日本選手権優勝で2度目の五輪切符をつかんだ坂本は、最大の目標として表彰台に上がることを掲げた。「団体は本当にメダルを狙えると思う。もちろん個人戦でも狙いたいし、できる限りのことを本番でやりたい」

 17歳で出場し6位だった前回の平昌五輪では、団体戦のフリーを終えた後に急性胃腸炎を発症。あまりの痛みから救急車で運ばれ、点滴を受けた。「4年間がたって、心に余裕が出てきた」としつつ現地でリラックスするために、「軽くて荷物にならないもの…。手芸、持っていきます」と明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月12日のニュース