×

ラプターズの渡辺が5試合ぶりに復帰して先発も無得点 サンズに敗れて連勝は6で止まる

[ 2022年1月12日 12:05 ]

ラプターズのバンブリートにマークされるサンズのポール(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルス感染防止のための健康安全プロトコルの対象になっていたラプターズの渡辺雄太(27)が10日、地元トロント(カナダ・オンタリオ州)で行われたサンズ戦で5試合ぶりに戦列に復帰。主力の新人スコッティー・バーンズ(20)が膝、シューターのゲイリー・トレントJR(22)が足首を痛めて欠場したために今季3回目の先発出場を果たしたが、14分のプレータイムで放った4本のフィールドゴール(うち3点シュートは2本)をすべて外して無得点に終わった。

 渡辺の無得点は12月31日のクリッパーズ戦に続いて今季2回目。ラプターズは第2Qの序盤で一時11点のリードを奪ったものの、西地区全体2位のサンズに95―99(前半48―46)で敗れて20勝18敗となり、連勝は6でストップした。

 OG・アヌノビー(24)がチーム最多の25得点、パスカル・シアカム(27)は22得点、7リバウンド、7アシスト、フレッド・バンブリート(27)は21得点をマーク。しかしチームの3点シュート成功は37本中8本(成功率21・6%)と低調だった。

 サンズは31勝9敗。ジェイ・クラウダー(31)が5本の3点シュートなどで19得点、クリス・ポール(36)も15得点と12アシスト、5スティールを記録し、先発全員が2ケタ得点を記録して終盤でラプターズを振り切った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月12日のニュース