×

新弟子ら前相撲 花房が完勝に笑顔「自分らしい相撲ができて良かった」

[ 2022年1月12日 05:30 ]

大相撲初場所3日目 ( 2022年1月11日    両国国技館 )

薩摩翔(右)を攻める花房(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 新弟子らによる前相撲が始まり、アマチュア相撲で活躍したホープらが初土俵を踏んだ。東洋大牛久高(茨城)で鳴らした花房(二所ノ関部屋)は日大出身の薩摩翔(追手風部屋)にもろはず一気の押しで完勝。「緊張はあまりしなかった。自分らしい相撲ができて良かった」と笑顔で振り返った。入門後は師匠の二所ノ関親方(元横綱・稀勢の里)の指導のもと基本的な動きを中心に鍛えている。「若隆景関のような相撲を取りたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月12日のニュース