宇良 大関初撃破!前日後頭部強打なんの、“因縁”の貴景勝との取り直し制し初笑い

[ 2022年1月12日 05:30 ]

大相撲初場所3日目 ( 2022年1月11日    両国国技館 )

押し倒しで貴景勝を破る宇良(上)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 自己最高位の東前頭2枚目で臨む人気業師、宇良が取り直しの一番で貴景勝を押し倒し、初めて大関撃破した。4日目は横綱・照ノ富士に挑み、ともに幕内から序二段へ転落経験がある苦労人対決となる。大関・正代は小結・大栄翔に敗れ、全勝は照ノ富士、関脇・御嶽海ら6人となった。

 相手を手玉に取る業師の本領を発揮した。大銀杏(おおいちょう)を乱した宇良は「何回も相撲を取りたいわけじゃない」と弱音を吐きながら、取り直しの一番でイチかバチかの賭けに出た。立ち合いで右へ大きく動きながら、いなす。これで体を泳がせた貴景勝をすかさず押し倒した。

 前日2日目は正代に押し出され、土俵下に転落した際に後頭部を強打。礼をする土俵上では足元がふらつき、車いすで引き揚げた。この日リモート取材では大関戦初勝利の感想や後頭部を打った影響など問われても「分からないです」「覚えてないです」を連発した。土俵下で見守った高田川審判長(元関脇・安芸乃島)は「持ち味を出したいい相撲。(取り直しの一番で立ち合いは)とっさに動いたんでしょう。大関を泳がせて、思うような相撲を取った」と称え、土俵上での元気な様子に「大丈夫でしょう」と体調面にも太鼓判を押した。

 右膝に2度も大ケガを負い一時は序二段まで番付を落とした。最初の長期離脱につながった取組は17年秋場所2日目、まだ平幕の貴景勝が相手だった。直前の名古屋場所で痛めていた右膝をひねるように背中から土俵下に落ち「膝がずれた。終わったな」との言葉をもらした。

 この日“因縁の相手”から大関戦初勝利をもぎ取っても困惑気味の表情で「何とも言えないですね」と言葉を濁し、簡単に言い表せない複雑な胸中をうかがわせた。4日目は結びで、自身と同じ大きな転落を経験した横綱に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月12日のニュース