×

グリズリーズが10連勝 ウォリアーズを撃破してチーム記録を更新 モラント29得点

[ 2022年1月12日 15:17 ]

ウォリアーズ戦で29得点をマークしたグリズリーズのモラント(AP)
Photo By AP

 NBAは11日に各地で6試合を行い、西地区全体4位のグリズリーズは地元メンフィス(テネシー州)でウォリアーズを116―108(前半59―51)で振り切って29勝14敗。すでにチーム最長となっていた連勝記録を10試合に伸ばした。

 ジャー・モラント(22)が29得点と8アシストをマークして勝利に貢献。ホームでは今季15勝8敗で、西地区全体3位のジャズとはゲーム差なしとなった。

 ウォリアーズは30勝10敗。サンズがこの日ラプターズに勝って31勝9敗としたために西地区全体首位から2位に陥落した。

 2年半のブランクから復帰2戦目となったクレイ・トンプソン(31)は20分の出場で14得点。ステフィン・カリー(33)は27得点、10リバウンド、10アシストで今季2度目のトリプルダブルを達成したが、3点シュートの成功は9本中2本にとどまった。

 13シーズン目を迎えているカリーの3点シュートにおける通算成功率は43・0%。2009年のデビュー以来、40%を切ったのは故障で5試合しか出場しなかった2019年シーズン(24・0%)の1度しかないが、今季はここまで38・4%と数字は伸びていない。

 東地区全体首位のブルズは地元シカゴ(イリノイ州)でピストンズに133―87(前半61―52)と快勝して27勝11敗。ここ11戦で10勝目を挙げて同2位ネッツとのゲーム差を「2・5」に広げた。

 <11日の結果>
*ウィザーズ(21勝20敗)122―118サンダー(13勝27敗)
サンズ(31勝9敗)99―95*ラプターズ(20勝18敗)
*グリズリーズ(29勝14敗)116―108ウォリアーズ(30勝10敗)
*ペリカンズ(15勝26敗)128―125ティンバーウルブス(20勝21敗)
*ブルズ(27勝11敗)133―87ピストンズ(9勝31敗)
*クリッパーズ(20勝19敗)87―85ナゲッツ(20勝19敗)
 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月12日のニュース