河辺 初の五輪舞台へワクワク「早く行きたい。できる一番いい演技を」

[ 2022年1月12日 05:30 ]

真剣な表情で練習する河辺
Photo By 代表撮影

 フィギュアスケート女子の北京五輪日本代表3人が11日、各拠点で練習を一斉に公開した。全日本選手権準優勝で初の五輪切符をつかんだ樋口新葉(21=明大)はフリーだけでなくショートプログラム(SP)でも大技トリプルアクセル(3回転半)を組み込む意欲を見せた。全日本女王で平昌6位の坂本花織(21=シスメックス)、初出場の河辺愛菜(17=木下アカデミー)も五輪への意気込みを語った。

 高校2年生で大舞台に臨む河辺は京都府宇治市で報道陣に練習を公開し、初の晴れ舞台へ「今はうれしくて、楽しみという感じが大きい。早く行きたい」と心待ちにした。

 練習では得点源のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。五輪へ「力を入れている」という表現面や滑りも入念に確認した。最近は過去の五輪の映像を見ているそうで、「本当に誰もミスをしないイメージ。今できる一番いい演技をしたい」と力強く話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月12日のニュース