五輪・パラ1周年 7・23に記念式典開催、10月にはハーフマラソン

[ 2022年1月12日 05:30 ]

 東京都は11日、東京五輪・パラリンピックの大会1周年記念セレモニーを、五輪開催から1年後に当たる7月23日に開くと発表した。これとは別に、8月24日にはパラ記念イベント、10月16日にはハーフマラソンを実施する。スポーツの価値を再認識する機会とするとともに、東京の魅力を発信するとしている。

 都によると、7月のセレモニーにはメダリストら五輪・パラ選手が参加する。小池百合子知事は「レガシー(遺産)としてスポーツ振興につなげたい」と話した。開催経費として8億円を22年度当初予算案に計上する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月12日のニュース