設楽 左足ふくらはぎ痛め初の途中棄権 プーマ最新シューズも結果出せず

[ 2021年12月6日 05:30 ]

第75回福岡国際マラソン ( 2021年12月5日    福岡市・平和台陸上競技場発着 )

スタートし、トラックを走る設楽(右)=撮影・岡田 丈靖
Photo By スポニチ

 元日本記録保持者の設楽悠太が20キロ付近で棄権した。左足ふくらはぎを痛め、自ら「×」サインをして走りをやめた。棄権は初めてだという。主催者を通じて談話を発表し、患部の状態を説明した上で、「次、頑張ります」と記した。

 日差しが強かった気象条件については「はい、暑かったです。(故障との関係は)分かりません」とした。プーマの最新シューズで結果を狙ったものの、本来の力を発揮できなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月6日のニュース