NHKカーリング中継白紙…会場にアダルト系スポンサーのロゴ、アイス張り直しには最低2日か

[ 2021年12月6日 10:46 ]

東京・渋谷のNHK社屋
Photo By スポニチ

 5日にオランダ・レーワルデンで開幕したカーリングの22年北京五輪最終予選で、NHKBS1で予定していた日本戦の放送が白紙となっている。

 NHKは6日、同社の放送ガイドラインに定められた「品位と節度を心がけること」や「青少年に及ぼす影響について慎重な配慮が求められる」といった点について抵触する恐れがあることから、世界カーリング連盟(WCF)などと確認作業を行っていると説明した。

 最終予選のスポンサーに、アダルトグッズのオンラインショップがついていることが原因という。競技アイスには、この会社などの企業ロゴが展開されている。

 日本カーリング協会の事務局によると、一般的にアイスに見える広告は、氷を張る前に企業ロゴの印刷物やペイントを設置し、その上にアイスを作る。そのため、ロゴを外す場合は一度解氷する必要があり、再びアイスを作るのに2日程度は要するとみられる。

 五輪切符が懸かる大一番。日本カーリング協会の事務局は「注目が高い大会なので放送がないのは残念」とコメント。NHKは「一刻も早く放送ができる状況になるよう、引き続き世界カーリング連盟に働きかけてまいります」とし、「今後の放送については、あらためてお知らせします」と続けた。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月6日のニュース