×

小平 女子500は8位、2レース連続表彰台逃すも動揺なし「最低限のことできた」

[ 2021年12月6日 05:30 ]

スピードスケートW杯第3戦第2日 ( 2021年12月4日    米ソルトレークシティー )

女子500メートルで8位に終わった小平(AP)
Photo By AP

 女子500メートルで小平は最初の100メートルの通過が10秒51の全体11位と出遅れ、残り1周でも巻き返せなかった。優勝したポーランド選手とは0秒42差。フライングで「少し戸惑った」と出だしの反応が遅れた。

 今季はこの種目で開幕から4レース連続でメダルを獲得したが、37秒07で6位だった前日に続き2レース連続で表彰台を逃した。それでも「最低限のことはできた。順位は人を惑わすが、自分の中のプロセスに信じるものがあれば惑わされる必要はない」と動揺はない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月6日のニュース