×

バスケ日本代表 前半からNBAで活躍する2選手大暴れ!八村は17得点、渡辺雄も13得点

[ 2021年7月16日 20:08 ]

バスケットボール男子日本代表国際強化試合   日本ーベルギー ( 2021年7月16日    さいたま市・サイデン化学アリーナ )

第1クオーター、ゴール下に攻め込む八村塁(右)(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 バスケットボール男子日本代表(FIBAランキング42位)はベルギー(同37位)と強化試合を行い、代表合流初戦となった八村塁(23=ウィザーズ)は前半だけ13分44秒出場して17得点6リバウンド2アシスト、チームキャプテンの渡辺雄太(26=ラプターズ)は15分50秒出場して13得点4リバウンド2アシストとNBAで活躍する2選手が前半から大暴れした。

 八村は第1クォーターから最初のシュートとなった3ポイントシュートを決めるなどこのクォーターだけで11得点4リバウンドの大暴れ。第2クォーターは途中出場となったが6得点を奪って前半だけで17得点6リバウンド2アシストの活躍を見せた。同じくNBAで活躍する渡辺雄も第1クォーターで8得点マーク。第2クォーターのチーム最初の得点となった2ポイントシュートを決めると残り4分55秒には3ポイントラインよりも後方から放ったロング3ポイントシュートを決める活躍を見せるなど前半で13得点4リバウンド2アシストの活躍を見せて、チームは44ー28と大量リードで前半を折り返した。

 NBAで活躍する2選手にファンも熱狂。「さすがの八村と渡辺スリーうっまいな!」「八村、渡辺はやっぱ違うねw」「野球の大谷選手の次はバスケの八村選手と渡辺選手!」「八村、渡辺が揃うと日本強く感じる」などとネットでも絶賛の声が多く挙がった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月16日のニュース