×

宇良 4年ぶり幕内勝ち越し「動けるだけ動いて」勝利たぐり寄せた

[ 2021年7月16日 05:30 ]

大相撲名古屋場所12日目 ( 2021年7月15日    ドルフィンズアリーナ )

栃ノ心(左)と攻め合う宇良。突き落としで破る(共同)
Photo By 共同

 21場所ぶりに幕内に復帰した宇良が17年夏場所以来となる幕内での勝ち越しを決めた。元大関の栃ノ心に肩透かしを何度も仕掛け、最後は土俵際まで後退しながら突き落とし。

 「うれしい。がむしゃらに、動けるだけ動いて、勝機を見いだせた」と息をついた。右膝のケガで序二段まで番付を落としながら、不屈の闘志ではい上がった。「どちらかといえば、まだ終わっていないという気持ちの方が強い」と残りの戦いを意識した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月16日のニュース