×

八村同僚の米国代表ビール コロナ感染防止規定の対象に…五輪出場ピンチ

[ 2021年7月16日 05:30 ]

コロナ感染防止規定の対象となって米国代表を離脱したブラドリー・ビール(AP)
Photo By AP

 ウィザーズ八村の同僚で米国代表のブラッドリー・ビール(28)が14日、新型コロナウイルス感染防止規定の対象となり、チームから離脱したとAP通信が報じた。

 チームはラスベガス合宿中で、感染したのか濃厚接触者なのかは不明。今後の検査で陰性なら復帰できるが、東京五輪に出場できず、代替選手が招集される可能性もあるという。ビールは今季NBA全体2位の1試合平均31・3得点をマークし、東京五輪でも米国代表の得点源と期待されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月16日のニュース