39歳・福士 5大会連続五輪出場は絶望的…トップから2周回遅れ最下位

[ 2021年5月4日 05:30 ]

東京五輪代表選考会兼陸上日本選手権1万メートル ( 2021年5月3日    静岡市・静岡スタジアム )

女子1万メートルでゴール後に客席から拍手が送られ、笑顔を見せる福士加代子
Photo By 共同

 39歳の福士加代子(ワコール)は34分0秒53で最下位の19位。5大会連続五輪代表は絶望的になった。

 過去7度優勝経験がある種目でトップから2周回遅れとなりフィニッシュ。会場からの拍手に「勝負しようという気持ちには変わりなかった」と感慨深げに振り返った。日本記録を持つ5000メートルでの五輪挑戦は明言を避けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース