陸上・伊藤達彦は相沢晃との“ランニングデート”を歓迎「そう呼ばれるのはうれしい」

[ 2021年5月4日 12:28 ]

陸上の東京五輪1万メートル代表を決めた伊藤達彦はレースから一夜明けて会見に出席した
Photo By スポニチ

 陸上の日本選手権1万メートルに優勝して東京五輪代表をつかんだ伊藤達彦(23=ホンダ)がレースから一夜明けた4日、静岡県掛川市内での会見に出席した。先に五輪切符をつかんでいる「ライバル」、相沢晃(23=旭化成)から祝福の連絡が届いたことを明かした。

 「これで(東京五輪で)一緒に走れるね、またメシでも行こうとLINE(ライン)が来ました」

 これまで2人は、箱根駅伝や昨冬の日本選手権1万メートルなどで好勝負を繰り広げてきた。まるで勝負を楽しむかのように併走する姿が、インターネット上では“ランニングデート”と命名された。

 「そう呼ばれるのはうれしいというか、とてもおもしろいので、そう言ってくださる方のおかげで陸上界が盛り上がれば」

 2人で出場する今夏のアスリートの祭典。大舞台でのハイレベルな“ランニングデート”は、長距離界の更なる活性化につながるはずだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース