マラソンテスト大会の沿道に「声かけ人員」770人配置 「密になったら注意する」

[ 2021年5月4日 18:09 ]

東京五輪のテスト大会となる「札幌チャレンジハーフマラソン」を前に開かれた出場選手の記者会見(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、札幌市内で記者会見し、新型コロナ感染拡大防止のため無観客を呼び掛けているマラソンテスト大会の沿道に約770人の「声かけ人員」を配置することを明かした。

 森泰夫大会運営局次長は「観戦自粛というところで人が集まったりするようなケースがないとも限らない。そういうときのために、密になったりした場面が出たら、そういう部分を注意する。声かけをさせていただくようにしたい」と説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース