八村がダンク5発 ウィザーズ快勝 ウエストブルックは4回目の年間トリプルダブルが確定!

[ 2021年5月4日 10:36 ]

第3Q、ゴール下でブリセットを振り切ってダンクを決めるウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 プレーオフ進出に可能性を残す下限の東地区全体10位につけているウィザーズは3日、地元ワシントンDCで同9位のペイサーズを154―141(前半82―66)で下して30勝35敗。残り7試合となった段階でペイサーズには0・5ゲーム差に迫り、11位のラプターズ(27勝38敗)には3ゲーム差をつけた。

 通算100試合目の出場となった八村塁(23)は31分の出場でフィールドゴール(FG)を19本12本(うち3点シュートは2本中1本)成功させ、チーム最多となる27得点と7リバウンド、2アシスト、1ブロックショットをマーク。(1)速攻での追走、(2)速攻のアリウープ、(3)ゴール下へのカット、(4)ポジション争いを制してのゴール下、(5)リバウンドキープ後のワンマン速攻など、すべて異なるパターンのダンクを5発たたき込んだ。20得点以上は今季10回目。FGの成功本数(12)は今季自己最多タイ(過去2回記録)となった。

 ラッセル・ウエストブルック(32)は14得点と自己最多の21リバウンドと自己記録に並ぶ24アシストで今季32回目のトリプルダブルを達成。通算では178回目となり、残り7試合となった段階でオスカー・ロバートソン(ロイヤルズほか)が保持するNBA記録にあと「3」と迫った。また今季平均は21・8得点、11・3リバウンド、11・2アシスト。残り7試合に出場してすべての記録が「0」であってもこの日、得点に続いてリバウンドとアシストの“2ケタ”が確定。サンダー時代の2016年シーズンから3季連続で記録している年間トリプルダブル(ウエストブルック以外ではロバートソンの1回のみ)を達成した。

 得点部門で1位ステフィン・カリー(33=ウォリアーズ)に0・23点差の2位につけているブラドリー・ビール(27)は26得点。チームのアシスト総数(50)はウエストブルックの“量産”のおかげで過去最多となり、156点は今季最多得点となった。

 ペイサーズは30勝34敗。ゴンザガ大(ワシントン州)で八村の先輩にあたるドマンタス・サボニス(24)が腰痛からの復帰2戦目(8試合欠場)で32得点、20リバウンド、8アシストを稼いだもののここ4戦で3敗目を喫した。

 ウィザーズはこのカードで今季2戦2勝。8日に敵地インディアナポリス(インディアナ州)でもう1試合が組まれている。なお5日からはロード5連戦。5日にはミルウォーキー(ウィスコンシン州)で東地区全体3位のバックス、6日にはタンパ(フロリダ州)で渡辺雄太(26)が所属する同11位のラプターズと顔を合わせることになっている。

 <八村の全オフェンス>
 ▼第1Q(出場11分30秒=5得点)
(1)37秒・右エルボーからプルアップでジャンプシュート=×
(2)44秒・ペイント内にいたネトから正面でボールを受けてドライブ。左サイドからプルアップでジャンプシュート=×
(3)1分19秒・右サイドからペイント内へ。左手でショートフック=×
(4)2分37秒・インサイドにいたネトからパスを受けて正面からフローター=〇(アシスト・ネト)
(5)6分4秒・左サイドから3点シュート=〇(アシスト・ネト)
(6)6分37秒・右エルボーからプルアップでジャンプシュート=×
(7)10分44秒・右エルボーからプルアップでジャンプシュート=×
 ▼第2Q(出場5分39秒=4得点)
(8)9分48秒・速攻からのアリウープでダンク=〇(アシスト・ウエストブルック)
(9)10分15秒・右コーナーから3点シュート=×
(10)11分39秒・速攻からウエストブルック→ネトとボールが渡ったあと正面からペイント内に飛び込んでダンク=〇(アシスト・ネト)
 ▼第3Q(出場6分0秒=8得点)
(11)2分37秒・右ベースライン際からジャンプシュート=〇(アシスト・ウエストブルック)
(12)2分51秒・自らのブロックのあと速攻。左サイドを疾走して左手でダンク=〇(アシスト・ネト)
(13)3分56秒・ブリセットとのゴール下でのポジション争いを制して両手でダンク=〇(アシスト・ウエストブルック)
(14)5分7秒・インサイドにカットしてパスをもらってゴール下=〇(アシスト・ウエストブルック)
 ▼第4Q(出場8分10秒=10得点)
(15)4分41秒・右サイドから正面に回り込んでプルアップでジャンプシュート=〇(アシスト・ハッチソン)
(16)5分40秒・速攻からアリウープでのレイアップ=〇(アシスト・ウエストブルック)
(17)6分35秒・左エルボーでプルアップからジャンプシュート×
(18)7分56秒・ディフェンス・リバウンドからワンマン速攻。左手でダンク=〇
*8分12秒・フリースロー2本=〇〇
(19)9分58秒・左サイドからジャンプシュート=〇(アシスト・バターンズ)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース