男子十種は右代逆転V 日本記録保持者の貫禄見せた 前日7位から一気

[ 2021年5月4日 05:30 ]

陸上 鹿児島県記録会最終日 ( 2021年5月3日    鹿児島市・白波スタジアム )

男子十種競技、右代啓祐(右)の110メートル障害
Photo By 共同

 男子十種競技は日本記録保持者の右代啓祐(国士舘ク)が7816点で優勝した。前日5種目を終え7位だったが円盤投げ、やり投げで1位となるなど逆転した。田上駿(順大大学院)が2位に入った。五輪2度出場の中村明彦(スズキ)は足首を痛め途中棄権した。

 女子七種競技は山崎有紀(スズキ)が5692点で制した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース