北海道銀行がチェコに快勝 スウェーデン戦は関係者コロナ陽性で延期

[ 2021年5月4日 05:30 ]

カーリング 女子世界選手権第3日 ( 2021年5月2日    カルガリー )

チェコ戦でショットを放つ近江谷(中央)。左は船山、右は小野寺(日本カーリング協会提供)
Photo By 共同

 1次リーグが行われ、日本代表の北海道銀行はチェコを9―2で下して2勝2敗とした。来年の北京冬季五輪出場枠が懸かる今大会はテレビ中継のスタッフに新型コロナウイルスの陽性者が出たため、日本がスウェーデンと対戦予定だった2日午前9時(日本時間3日午前0時)からの試合は延期された。その後、選手やチームスタッフ全員の陰性が確認され、2日の午後から試合が再開された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース