組手女子50キロ級で宮原3位、形女子は大野V 空手PL・リスボン大会最終日

[ 2021年5月4日 05:30 ]

空手PL・リスボン大会 組手女子50キロ級の3位決定戦で中国選手と対戦した宮原=奥(全日本空手道連盟提供)
Photo By 共同

 空手のプレミアリーグリスボン大会最終日は2日、各種目の決勝と3位決定戦が行われ、東京五輪代表の宮原美穂(帝京大職)が組手女子50キロ級の3位決定戦で中国選手を4―1で下した。同61キロ級の染谷真有美(テアトルアカデミー)は3位決定戦で敗れた。

 形女子で大野ひかる(大分市消防局)が優勝、同男子の本一将(AGP)は3位だった。組手男子84キロ級の荒賀龍太郎(荒賀道場)は決勝を棄権した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月4日のニュース