空手五輪最終予選へ 組手男子60キロ級・佐合が気合「優勝したい」

[ 2021年4月25日 05:30 ]

オンラインで取材に応じる空手組手男子60キロ級の佐合
Photo By 共同

 空手の東京五輪最終予選となるプレミアリーグ・リスボン大会(30日~5月2日)に出場する組手男子60キロ級(五輪は67キロ級)の佐合尚人(高栄警備保障)が24日、オンライン取材に応じ「一年間やってきたことを全て出して優勝したい」と意気込んだ。

 佐合は一度代表に内定したものの、五輪延期に伴い再選考となった。それでも師事してきた前強化委員長の香川政夫氏から「再選考になるだろう」と言われていたことで「気落ちはしなかった」といい、「持ち味の攻撃技を磨いてきた。自分の力で勝ち取りたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月25日のニュース