東京五輪代表・田中希実 ペースメーカー欠場も何の!1500mで圧倒V

[ 2021年4月25日 15:22 ]

陸上 兵庫リレーカーニバル ( 2021年4月25日    神戸総合運動公園ユニバー記念競技場 )

<兵庫リレーカーニバル> 女子1500m、2位以下を圧倒し、優勝する田中希実 (撮影・平嶋 理子)                                           
Photo By スポニチ

 東京五輪女子5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC)が1500メートルに出場し、4分10秒14(速報値)の1着で優勝した。

 急きょペースメーカーが欠場するというレースとなったが、田中には関係なかった。

 「タイムよりは勝負に徹しようと思った」

 序盤は集団後方でレースを進め、400メートル過ぎから徐々にスピードを上げると800メートル付近で先頭に躍り出た。残り1周の鐘が鳴ると抜群の“末脚”を発揮して2位以下を圧倒。田中は「ロングスパートで勝ち切れたので良かった。スピードと持久力の部分を5000メートルでも生かして五輪でも頑張りたい」と先を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月25日のニュース