松山英樹は首位と3打差の6位で決勝へ「良いプレーができればチャンスはある」 マスターズ第2日

[ 2021年4月10日 07:27 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ 第2日 ( 2021年4月9日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

第2日を4アンダーで終えた松山英樹(AP)
Photo By AP

 首位と4打差の2位から出た松山英樹(29=LEXUS)は1イーグル、2バーディー、3ボギーの71で回り、通算4アンダーの6位で決勝ラウンドに進んだ。首位のジャスティン・ローズ(40=英国)との差を3打に縮めた。以下、松山の一問一答。

 ――2日目の振り返って。
 「なかなか思うようなプレーはできなかったですけど、一つ伸ばして終われたのは良かったと思います」

 ――ティーショットで多くのホールでフェアウエーを捉えていたが1Wの感触は。
 「なにも、変わっていないですね」

 ――好感触は週末に向けても好材料。
 「良いプレーができればチャンスはあると思うので。明日、しっかりいい位置で終われるように頑張りたいと思います」

 ――グリーンは第1日との硬さやスピードの違いは?
 「見た目は変わらなかったんですけど、打っている球とか、ボールのスピードっていう意味では、だいぶ遅くなったなっていう印象はありましたね」

 ――5メートル強を沈めた9番のバーディーパットの感触は。
 「9、10番。10番はボギーになってしまったんですけど、あの辺くらいのパットができればなと、いつも思っているんです」

 ――首位と3打差で迎える週末に向けての意気込みを。
 「いい位置で2日間終われたので、まず明日、しっかり良い位置で終われるように頑張って。日曜日にいいプレーができるように、頑張りたいなと思います」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月10日のニュース