王鵬と大翔鵬が再十両、新十両はなし 舛東欧ら21人が引退

[ 2021年4月1日 05:30 ]

王鵬
Photo By スポニチ

 夏場所の番付編成会議では優勝32度を誇る元横綱大鵬(故人)の孫、王鵬(21=大嶽部屋)とモンゴル出身の大翔鵬(26=追手風部屋)の十両復帰を決めた。新十両はいなかった。王鵬は2場所ぶり、大翔鵬は4場所ぶりの再十両。

 年寄「鶴竜」を襲名した元横綱鶴竜、元十両・華王錦ら21人の引退も以下の通り発表された。鶴竜、霧乃龍(以上陸奥)舛東欧(常盤山)光源治、大勇人(以上峰崎)斗城丸(宮城野)華王錦(東関)綾風、宙風(以上尾車)富栄、勇富士、八百ツ富士(以上伊勢ケ浜)播磨灘(尾上)琴今川(佐渡ケ嶽)大翔鶴(追手風)玉の星(片男波)清水(武蔵川)太田(山響)久之虎(出羽海)煌(朝日山)東照錦(錦戸)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月1日のニュース