荒磯親方 松山は「大関」、TBSサイトでマスターズゴルフの異競技解説に挑戦!

[ 2021年4月1日 05:00 ]

マスターズ優勝予想番付のフリップを手にする荒磯親方(TBS提供)
Photo By 提供写真

 大相撲の荒磯親方(34=元横綱・稀勢の里)が“ゴルフ解説”に挑戦する。男子ゴルフの海外メジャー、マスターズ(4月8~11日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC)を中継するTBSの公式サイトのライブ配信に出演することが決定。松山英樹(29=LEXUS)の元専属キャディー進藤大典氏(40)らとともにトークライブを行うことになった。

 荒磯親方が出演するのは、TBSのマスターズ公式サイトで連日午後11時~翌日午前3時にライブ配信される「観戦中!マスターズトークライブ」。進藤氏とともにメインゲストを務め、漫才コンビNON STYLEの井上裕介ら日替わりゲストと中継映像を見ながらトークを繰り広げる。

 荒磯親方は「進藤さんには専門的な話を聞いてみたい。(日替わりゲストも)ゴルフ好きな方ばかりなので楽しみ」と話した。

 アメフト通で知られる荒磯親方。実はゴルフにも精通している。ゴルフ好きの父・貞彦さんの影響で幼少期から週末のトーナメント中継を見て育ち、マスターズは毎年テレビ観戦してきた。現在はYouTubeで海外の選手の動画をチェックするほどのマニアで、自らクラブを握りシングル級の腕前を誇る。

 3月に卒業した早大大学院スポーツ科学研究科で、マスターズ中継の現地リポーターを務める伊藤隆佑アナウンサーと同期だった縁もあり、とんとん拍子で出演が決まった。

 3月29日に収録した伊藤アナとの対談では優勝予想番付を披露。前回王者ダスティン・ジョンソンとブライソン・デシャンボー(ともに米国)を横綱、松山英樹とジャスティン・トーマス(米国)を大関に指名。「松山選手はアイアンの精度が高い。パットが入れば優勝できる」と日本のエースに期待をかけた。対談の模様は4日深夜(5日午前0時開始)のスポーツニュース番組「S☆1」(一部地域を除く)で放送される。

 「2年ぶりの春開催。前回の秋開催とは景色も芝の感じも違う。また違うドラマがあるのでは」と荒磯親方。1週間後に迫った「ゴルフの祭典」の開幕を心待ちにしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月1日のニュース