コロナで初場所休場、若隆景が合同稽古合流「息切れ、息苦しさはある」

[ 2021年2月24日 05:30 ]

若隆景
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染して初場所を休場した若隆景が合同稽古に合流した。稽古後、「息切れとか、息苦しさというか、そういうのは若干やっぱりある」と打ち明けた。

 昨年大みそかのPCR検査で陽性反応を示して入院。「(熱は)40度ぐらいまで上がって全身が痛くて寒けも凄くて」。味覚、嗅覚障害が2週間も続き「凄い怖い病気」と振り返った。1日から稽古を再開して徐々に回復しており、春場所を目指してピッチを上げていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月24日のニュース