五輪男子マラソン代表・服部 シンポで持論、駅伝と“両立のススメ”

[ 2021年2月24日 05:30 ]

トヨタ自動車の服部勇馬
Photo By スポニチ

 東京五輪男子マラソン代表の服部勇馬(27=トヨタ自動車)が23日、オンラインで行われた日本陸上学会のシンポジウムに出席した。

 「駅伝からマラソンへ」というテーマの中で、「マラソンと駅伝は時期が重なることは多いが、両立させることで速いだけではなく強い選手になれると思う」と持論を語った。実業団選手としての立場からも発言。「(駅伝は)会社に一番恩返しできる。マラソンだけという考えではいけない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月24日のニュース