交通事故のウッズ 4月のマスターズ出場を目指していた

[ 2021年2月24日 10:05 ]

横転したウッズの車両を運ぶクレーン車(AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフでツアー通算82勝を誇り、23日にカリフォルニア州で自動車事故に遭ったタイガー・ウッズ(45=米国)は、4月8日開幕のマスターズ(オーガスタ・ナショナルGC)出場を目指していた。

 大会ホストだった前週の米男子ツアー「ジェネシス招待」(18~21日、カリフォルニア州リビエラCC)には出場しなかったが表彰式に出席。1月に5度目となる腰の手術を受けたことを公表し、復帰の時期が注目を集める中、テレビ中継でマスターズ出場が可能か問われ「そう願っているよ」と語っていた。腰に関しては「状態はいいよ。少し硬いけど」と説明。「今週のMRI検査で椎間板に問題がなく、もう少し動いていいか確認する。でも、まだジムでのリハビリ程度。もう少し(本格的に)動く前の」。ウッズは昨年12月に息子のチャーリー君と出場したツアー外競技のPNC選手権後に腰の異変を感じ、手術を受けて欠場が続いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月24日のニュース