×

木村彩子 ベスト64!日本勢トップ2位浮上、初Vへ「明日も60台で」首位は申ジエ

[ 2020年11月7日 15:36 ]

日本女子プロゴルフツアー「TOTOジャパンクラシック」(スポーツニッポン新聞社主催)第2日 ( 2020年11月7日    茨城・太平洋クラブ美野里C=6554ヤード、パー72 )

<TOTOジャパンクラシック・2日目>17番、セカンドショットを放つ木村彩子
Photo By スポニチ

 第2ラウンドが行われ、10位から出た木村彩子(25=富山常備薬グループ)がボギーなしの1イーグル、6バーディーの「64」と伸ばし、通算12アンダーで日本勢トップの2位に浮上した。通算13アンダーの単独首位は65をマークした申ジエ(32=韓国)。首位と2打差の3位にはイ・ミニョン(28=韓国)、3打差の4位にはプロ1年目の西郷真央(19=大東建託)とペ・ソンウ(26=韓国)が続いている。

 7番パー4で残り80ヤードの第2打を52度のウェッジでバックスピンをかけてイーグル。13番ではグリーン右手前からチップインバーディーを奪った。この日ベストスコアの64をマークして「イーグルで気持ちが楽になって、後半はいい感じで回れました」と納得の表情を浮かべた。

 昨年12月から南秀樹コーチに師事。オフは例年以上に練習に励んで今季に臨んだと言い「パターが苦手だったんですけど、真っすぐ回転で打てるようになってきた」と手応えを感じている。9月の日本女子プロ選手権では2位。「あれから優勝を意識して、早く私も優勝したいと思うようになりました」。プロ6年目で、まだ優勝はない。首位と1打差で迎える最終日に向けて「明日も60台で回って自分のゴルフを出し切って優勝を目指して頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月7日のニュース