×

樋口新葉が203・24点で完全V 2位吉岡詩果、3位渡辺倫果 東日本選手権

[ 2020年11月7日 17:38 ]

フィギュアスケート東日本選手権第2日 ( 2020年11月7日    山梨・小瀬スポーツ公園アイスアリーナ )

フィギュアスケート東日本選手権・女子フリーで演技をする樋口新葉
Photo By 代表撮影

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の樋口新葉(明大)がトップの132・53点をマークし、合計203・24点で優勝した。冒頭の3回転半こそ着氷が乱れたが、その後は力強い演技を見せた。SP2位の吉岡詩果(植草学園大付高)が質の高い演技でフリー、合計とも113・89点、174・12点で2位。SP6位の渡辺倫果(青森山田高)がフリー3位の111・77点で順位を上げて、合計167・19点で3位に滑り込んだ。

 シードの紀平梨花(トヨタ自動車)、樋口、川畑和愛(早大)を除いた上位9人が12月の全日本選手権(長野)への出場権を獲得した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月7日のニュース