壷井達也が復活V 負傷後初の3A成功「一番うれしい」 中部選手権ジュニア男子

[ 2020年9月26日 21:38 ]

フィギュアスケート中部選手権第2日 ( 2020年9月26日    名古屋市・邦和スポーツランド )

壷井達也
Photo By スポニチ

 ジュニア男子フリーが行われ、SP首位の壷井達也(17=中京大中京高)が135・79点、合計199・25点で優勝した。冒頭の3回転半(トリプルアクセル)をクリーンに成功。「今日は落ち着いて練習通りのことができた。去年の全日本からケガして初めての3Aを跳ぶことができて、そこが一番うれしいです」と実感を込めた。

 昨年12月の全日本選手権の6分間練習中に右足首を負傷して棄権。今では練習前後のアップ、ダウンに時間を割き、ジャンプの本数を減らす質重視のメニューでケガ再発のリスクを減らしている。今季の大きな目標は頂点に立った18年全日本ジュニア選手権での得点(222・79点)超え、そして「大きなケガなく1シーズン戦う」ことがテーマだ。

 今大会で実戦復帰を果たし、新たな欲も出てきた。「この構成では西日本選手権、全日本ジュニアでは戦えない。トリプルアクセル2本、4回転も全日本ジュニアに向けて練習していきたい」。ケガに細心の注意を払いながら、攻めに出る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月26日のニュース