山下真瑚、「全然緊張せず」SP65・64点 中部選手権女子

[ 2020年9月26日 18:23 ]

フィギュアスケート中部選手権第2日 ( 2020年9月26日    名古屋市・邦和スポーツランド )

山下真瑚
Photo By スポニチ

 女子のショートプログラム(SP)が行われ、18年GPシリーズ・スケートカナダ準優勝の山下真瑚(17=中京大中京高)は65・64点をマークした。

 3季連続となるSP曲は「見どころが詰まっている」プログラム。華やかなグリーンの衣装で3回転ループ、2回転半をクリーンに決めた。「久しぶりの試合が海外ではなくてブロックで。みんな知っている人たちもいる。全然緊張せずできた」と振り返った。

 昨季は両足の甲を痛め、不本意な結果に終わった。新シーズンとなり「だんだんと調子もよくなって、痛いところもほとんどない。このまま今シーズン乗り切れれば」と回復を強調。フリーに向けて「新しい曲なので、初お披露目が台無しにならないように気を抜かずに準備したい」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月26日のニュース