将来の“横綱候補”に八角理事長苦言「苦しんで、苦しんで取ることを覚えないと!!」

[ 2020年9月21日 20:00 ]

大相撲秋場所9日目 ( 2020年9月21日    両国国技館 )

<秋場所9日目>阿武咲(手前)に押し出しで敗れる琴勝峰(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 八角理事長(元横綱・北勝海)が入幕2場所目の期待のホープ・琴勝峰に苦言を呈した。

 2敗対決となった阿武咲戦。馬力のある相手に追い込まれ、いなしながら体勢を立て直そうとしたが、防戦一方に。張り手を交え、形勢逆転を狙ったものの、低い姿勢で阿武咲に攻め続けられ、次第に腰高になって最後は押し出された。

 八角理事長は「張り手とかまだ顔じゃない(分不相応だ)よな。もっと、もっと苦しい勝ち方をするというのかな。楽にまわしを取ろうとすると、こういうことになる」と“おかんむり”だった。

 琴勝峰は強豪・埼玉栄高出身で18年初場所で序ノ口デビュー。1メートル91、156キロのバランスの取れた体形で体も柔らかく、組んでも突き放しても取れる万能型の力士だ。一部では将来の横綱候補とともいわれる逸材。それだけに八角理事長は「周り(の関取)を見ると、(顔を)張って(まわしを)取ろうという相撲(が少なくない)。そういうのを見ているから、どうしてもやってしまうんだよね。(最近の若い力士は)そういうところだけ見習うんだよ。やっぱり下から下から(攻めて)、苦しんで(まわしを)取るというのかな。苦しむというのかな。そういうのが必要だよね」と強い口調で指摘した。

 そして「もっともっと、おっつけながら、しぶとく、しぶとく取ること。昔の若嶋津さん(現二所ノ関親方)みたいな、下から下から苦しんで取ることを覚えないといけない」と現役時代に南海の黒ひょうと呼ばれ、人気を博した元大関(現二所ノ関親方)を例に挙げ注文を付けた。

 21歳の平幕力士への理事長の苦言は、大きな期待の裏返しでもある。「(顔を)張って(まわしを)取れたとしても、出世の妨げだよ逆に」と最後に愛情のこもった厳しい一言で、注目の力士のさらなる成長を期待した。琴勝峰は、この“金言”をどう聞くだろうか。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月21日のニュース