池江璃花子 トレーニングの成果実感「最近腕太くなったねって言われること多くなった。間違いない!」

[ 2020年9月21日 20:38 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 白血病から復帰した競泳の池江璃花子(20=ルネサンス)が21日、自身のSNSを更新し、退院から1カ月後の1月28日と、この日撮った腕の写真を並べて投稿し、「最近腕太くなったねって言われること多くなった。間違いない!」とつづった。

 池江は昨年2月12日に、ツイッター上で白血病であることを公表。同12月17日に退院し、今年3月17日には406日ぶりにプールに入ったことを報告した。その後、練習を積み重ね、1年7カ月ぶりの実戦復帰となった8月29日の東京都特別水泳大会の女子50メートル自由形で26秒32を出し、10月に行われるインカレ参加標準記録の26秒86を突破し、出場を決めている。

 8月には「数ケ月前は一回もできなかった」懸垂を10回こなしている動画もアップ。今月19日には自身のツイッターで「毎回の練習で、水泳好きだなぁとか、泳ぐの楽しいなぁなんて泳ぐたび思ってるのは、もう完全に水泳オタクだと思う」とつづり、目標に掲げる24年パリ五輪出場へ向け、練習に励んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月21日のニュース