宇良 無傷5連勝で十両復帰へ前進「あまり欲を出さないで一番一番」

[ 2020年9月21日 15:14 ]

大相撲秋場所9日目   ○宇良(はたき込み)村田● ( 2020年9月21日    東京・両国国技館 )

<大相撲9月場所9日目>はたき込みで村田を破った宇良(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 元幕内で西幕下5枚目の宇良(28=木瀬部屋)が無傷の5連勝とした。初対戦となった西幕下16枚目の村田(26=高砂部屋)に低く当たって、右足は取れなかったものの、相手の動きをよく見てはたき込みを決めた。「今日はわりかし落ち着いて相撲が取れたかなと。全勝とか気にすることなく、今日の一番に全力で臨もうと思っていた」と振り返った。

 残り2番を勝てば十両復帰が確実で、6勝でも他の成績次第では上がれる可能性もある。ただ、宇良自身は「甘くない世界というのは分かっているので。幕下上位を抜けていくのは簡単じゃない。毎日不安の中で闘っている」と昇進はあまり意識していない。

 「ここまで来たら2番勝ちたいけど、初日からここまで同じ気持ちで来ているので、あまり欲を出さないで一番一番頑張りたい」と目の前の取組に集中していく。

 大横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の四男の東幕下55枚目・夢道鵬(19=大嶽部屋)は西三段目7枚目の玉金剛(25=片男波部屋)に初黒星を喫し、4勝1敗。夢道鵬の兄で三男の西幕下4枚目・納谷(20=大嶽部屋)は東幕下筆頭の貴源治(23=千賀ノ浦部屋)を破って3勝2敗と白星を先行させた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月21日のニュース