勝って殊勲賞決めた 大栄翔「気合入った」終盤6連勝 大関昇進の足掛かりでき「うれしい」

[ 2020年8月3日 05:30 ]

大相撲7月場所千秋楽 ( 2020年8月2日    両国国技館 )

炎鵬(左)を突き倒しで破る大栄翔(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大栄翔が“勝てば”の条件つきだった殊勲賞を受賞した。立ち合いの喉輪で妙義龍を起こすと、反応よく引き落とした。

 条件つきは「知っていた」と振り返り、土俵に上がると「少し緊張した。気合が入った」と話したが、重圧に負けず終盤6連勝で11勝目。

 武器の突き押しに磨きがかかり、力強い相撲で大関昇進の足掛かりとなった15日間に「この結果は凄いうれしい。ここからまたしっかり稽古をしたい」と気持ちを高めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月3日のニュース