NFLイーグルスのピーダーソン監督が新型コロナに感染 NFLの監督では2人目

[ 2020年8月3日 11:40 ]

新型コロナウイルスへの感染が判明したNFLイーグルスのピーダーソン監督(AP)
Photo By AP

 2018年のスーパーボウルでイーグルスを優勝に導いたダグ・ピーダーソン監督(52)が新型コロナウイルスに感染したことが判明。2日にチーム側が公表したもので、ペンシルベニア州ベツレヘムのリーハイ大でのキャンプで陣頭指揮を執っていた同監督は自己検疫状態に入った。症状は出ていないと伝えられている。

 無症状のままならば10日後の再検査で陰性となるか、もしくは5日以降に2度の検査で陰性が証明されればチームに復帰できる。

 ピーダーソン監督はイーグルスで5シーズン目。NFLの指揮官で感染が判明したのは、セインツのショーン・ペイトン監督(56=3月)に次いで2人目となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月3日のニュース