ボート日本代表候補選考レースシングルスカル 男子は荒川、女子は米川が1位通過

[ 2020年3月22日 12:58 ]

ボート日本代表候補選手選考レース最終日 ( 2020年3月22日    埼玉・戸田ボートコース )

<2020年日本代表候補最終選考>M1x決勝A組で1位になった荒川龍太は笑顔を見せる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 各種目決勝が行われ、シングルスカルでは男子は荒川龍太(25=NTT東日本)が7分1秒48、女子は米川志保(23=トヨタ自動車)が7分48秒10で1位通過を果たした。荒川は「無事に1位を獲れて一安心」と語り、米川も「最後まで出し切れて良かった」とレースを振り返った。

 新型コロナウイルスの影響で、東京五輪代表権を懸けた4月のアジア・オセアニア大陸予選と5月の世界最終予選が中止。全ての五輪予選が消滅した。代替の選考方法はIOCと国際ボート連盟が協議の末、4月上旬に発表予定だが、先行きの不透明な状態は続く。荒川は「五輪へのはしごを外された気分。4年前から準備してきたのに、急に前が見えなくなった」と困惑した様子を見せた。

 非五輪種目の軽量級シングルスカルでは、男子は武田匡弘(23=関西電力)、女子は冨田千愛(26=福井県スポーツ協会)が首位に立った。上位4人は、今月28~30日に熊本県菊池市の斑蛇口湖ボート場で行われる選考レースに出場。五輪の有望種目である軽量級ダブルスカルの男女クルーが決まる。

 男女軽量級シングルスカルの成績は以下の通り。

■男子軽量級シングルスカル
1位 武田匡弘(関西電力)7分7秒90
2位 宮浦真之(NTT東日本)7分7秒96
3位 西村光生(アイリスオーヤマ)7分8秒09
4位 古田直樹(NTT東日本)7分9秒91

■女子軽量級シングルスカル
1位 冨田千愛(福井県スポーツ協会)7分49秒68
2位 大石綾美(アイリスオーヤマ)7分52秒68
3位 山領夏実(デンソー)7分54秒31
4位 上田佳奈子(明治安田生命)7分57秒76

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年3月22日のニュース