モチベーションが…東京都幹部 五輪準備の職員の様子を明かす「不安に感じ、意気消沈」

[ 2020年3月22日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大の深刻化を受けて東京五輪の開催延期を求める声が相次ぐ中、東京都の幹部は21日、「職員たちは不安に感じ、意気消沈している。この状況の中で準備を進めていくのは(モチベーション維持が)難しい」と明かした。

 国際オリンピック委員会は「予定通り開催」との立場を崩さず、大会組織委員会の遠藤利明副会長もこの日、「中止や延期を決定する段階ではない」と話した。東京都も開催を前提に準備を続けているが、新設した競技会場のお披露目が延期されるなど、既に感染拡大の影響は出ている。幹部は「この雰囲気の中でやっても、誰からも祝福されない大会になってしまう。(延期や中止の)シミュレーションをしておく必要があるかもしれない」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月22日のニュース