白鵬 2敗対決で勝利も3日連続で無言

[ 2020年3月22日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2020年3月21日    エディオンアリーナ大阪 )

碧山(右)を上手投げで下し、懸賞を手にする白鵬(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 白鵬が得意の左上手投げで碧山との2敗対決を制した。取組後に髪を直して支度部屋から姿を現すと、報道陣からの問い掛けに3日連続で無言を貫いた。

 千秋楽は自身4度目の横綱同士による相星決戦となる。大関相手の相星決戦を含めると最近は3連敗中だが、八角理事長(元横綱・北勝海)が「(白鵬は)充実している。気合が一層入っている気がする」と評する集中力をみなぎらせていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月22日のニュース