宇良 同部屋対決制して三段目優勝!序二段に続き2場所連続V「久しぶりの大阪で…うれしい」

[ 2020年3月22日 16:17 ]

大相撲春場所千秋楽 ( 2020年3月22日    エディオンアリーナ大阪 )

<春場所千秋楽>三段目優勝決定戦で、南海力(左)をはたき込みで破る宇良(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 元幕内の宇良(27=木瀬部屋)が三段目の優勝決定戦で同じく7戦全勝で並んでいた同じ木瀬部屋の南海力(32)をはたき込み、初場所での序二段に続く2場所連続優勝を果たした。「緊張しました」と取組直後こそ表情が硬かったが、大阪府寝屋川市出身のご当所とあって「久しぶりの大阪で相撲が取れて。優勝できてうれしい」と素直に喜びを表した。

 右膝の負傷から復帰して3場所目。今場所も両膝に大きなサポーターが巻かれている。幕下復帰を有力としたことについて、「来場所?きれいな相撲を取りたい。ケガをしないように」と抱負。ただ、徐々にケガへの不安は減ってきているとはいえ、「なかなか長い。時間がかかるなという思いです」と率直な思いも口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月22日のニュース