琴ノ若 父もできなかった新入幕での勝ち越し 兄弟子に感謝

[ 2020年3月22日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2020年3月21日    エディオンアリーナ大阪 )

 錦木(左)を上手出し投げで破った琴ノ若(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 琴ノ若は祖父の元横綱・琴桜、父で師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)も果たせなかった新入幕での勝ち越しを決めた。

 「素直にうれしいけど、明日もあるので気持ちを切らさないでやりたい」と喜びは最小限にとどめた。7勝目を挙げてから4連敗で「体が動いているのに頭が追いついていないような、かみ合っていない感じだった」。琴奨菊ら兄弟子のアドバイスもあって苦境から抜け出し「少しは恩返しできたかな」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月22日のニュース