貴景勝 勝ち越しへ気合十分 朝乃山との大一番に「精いっぱいやります」

[ 2020年3月22日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2020年3月21日    エディオンアリーナ大阪 )

突き出しで阿武咲(手前)を破って星を五分に戻した貴景勝(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 カド番危機の貴景勝が阿武咲を一蹴した。立ち合いから馬力で押し込み、下から起こしてのけ反らせ、最後は力強く突き出した。

 鶴竜に7敗目を喫した前日から一夜明け、本来の馬力を見せつけた一番に「毎日やることは変わっていない。ちょっとしたことで変わってくる」と話した。勝ち越しを懸けて臨む千秋楽は、大関昇進を狙う朝乃山との大一番。「明日一日精いっぱいやります」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月22日のニュース