隆の勝 自己最多11勝目、初の三賞へ前進!御嶽海に初対戦で勝利「自信になりました」

[ 2020年3月22日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2020年3月21日    エディオンアリーナ大阪 )

御嶽海(左)を押し出しで破った隆の勝(撮影・坂田 高浩) 
Photo By スポニチ

 隆の勝は幕内5場所目で自己最多となる11勝目を挙げた。御嶽海との3敗対決で立ち合いから休まず攻めて押し出した。優勝2回の実力者との初対戦で勝ち「自信になりましたし、通用するんだなと思った」と手応えを口にした。

 白鵬、鶴竜が勝ったため優勝の可能性は消えたが、14日目まで両横綱に1差の活躍で初の三賞受賞に大きく前進。「気持ちはいつも通り。自然体で取るというのが一番」と余計な意識をせずに土俵に上がる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月22日のニュース