乙黒拓 アジア選手権初Vで五輪へ攻撃力復活「練習を積めたことが良い結果に」

[ 2020年2月26日 05:30 ]

アジア選手権を終え帰国し、取材に応じるレスリング男子フリースタイルの乙黒拓斗
Photo By 共同

 レスリング男子フリースタイル65キロ級東京五輪代表の乙黒拓斗(21=山梨学院大)が初優勝したアジア選手権から帰国した。

 昨年はケガに苦しんだが、万全の状態で臨んだ今大会は持ち前の攻撃力も復活し「練習を積めたことが良い結果になった。五輪に向けて良いスタートが切れたと思う」とうなずいた。

 3月8日には兄・圭祐(自衛隊)が五輪代表を決めるプレーオフに臨む。乙黒拓は「兄が全力を尽くせるように」とサポートを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月26日のニュース